他の病を招く前に下肢静脈瘤の治療をしよう

外科手術と術後経過

男の人

外科手術と抗がん剤を使う

がん治療としては、外科手術、抗がん剤、そして放射線治療が三大治療といわれています。ただし、すべてのがんでそれぞれを選べるわけではありません。進行度合いにもよりますが、どの状態でも使いにくい治療方法もあります。骨肉腫は、成長軟骨の近くにできるがんです。古くから行われていたのは外科的な手術で、患部を中心として切除する方法が取られていました。ただ再発率も高ったとされます。現在の骨肉腫の治療法は、外科的な切除を行った後、抗がん剤を使って完治を目指すことが多くなっています。これによって完治も可能になっています。放射線治療はこのがんにはあまり合わないためほとんど行われていません。術前に補助的に使われる程度で、メインでは行われません。

治療後の再発状況を知る

がんの治療は、まずがんを切除することで終わります。転移があるときは、抗がん剤などを使って進行を遅らせたり、小さくしたりすることもあります。骨肉腫は、主に四肢の骨で起こります。転移がない場合は、10年生存率はそれなりに高くなります。あまり再発は起こらないといえるでしょう。骨肉腫が発症して治療を行うとき、肺に転移をしている場合があるでしょう。この時には治療がしやすいとされています。他の部位への転移に関してはまだ治療実績が少ないこともあり、これから治療方法が確立されていくでしょう。日本だけでなく海外でも治療技術が高まっていますから、新しい方法が見つかるかもしれません。抗がん剤での治療もどんどん進められています。