他の病を招く前に下肢静脈瘤の治療をしよう

治療の適用方法

ナース

免疫細胞治療は1980年代から研究が始まった新しい治療法の1つです。ガンの進行状況が比較的早い段階であれば手術や放射線療法で十分にガン細胞を死滅させることができますが、ガンの症状が進行している場合はそうはいきません。たとえば、他の臓器等に転移している場合です。このようなときには抗がん剤や免疫細胞治療法などのような全身に作用する治療法が効果的です。免疫細胞治療は免疫力を高めることでガン細胞を排除することができます。免疫はウイルスや細菌などから身体を守る役割を持っています。ガン細胞もまた排除することができます。抗がん剤の投与は短時間でガンを小さくすることができますが、免疫細胞治療は時間をかけて小さくします。その代わりに副作用が全くありません。

免疫細胞治療法は、ガン細胞を攻撃してくれますが、完全に死滅させることはまだまだ難しいです。抗がん剤を投与したり、放射線療法を照射したりすると、ある程度ガン細胞を小さくすることができます。こうした治療法を行った結果、残ったがん細胞を完全に消滅させたりするのに免疫細胞治療を用いるのが王道路線です。このように、既存の治療法と組み合わせることで最も力を発揮してくれます。また、再発防止のためにも期待することができる治療法です。ちなみに、免疫細胞治療を受けるときには注意点があります。それはどこの医療機関でも受けられるということではないことです。先進医療が可能なところになります。また、そうであれば当然ながら治療費は全額自己負担になります。健康保険の適用は無理です。